鎌倉とわたし

DSC_1080.JPG突発弾丸鎌倉遠足してきました。

(鎌倉の自己主張が略。

昨日、乗り気じゃなかった鎌倉へ行って来ました。(オイ

特にここ!という目的地もなく、ただぼんやりわかっていることは「鎌倉」だけ。

ひたすら街を練り歩いて歩いて歩き通して、いやーくたびれましたー。

印象に残っているのは、

途中出会ったデブ猫(←ボスと勝手に命名)VSリス(爆笑)くらいかなあ。

…正直、この街や人にはあまり惹かれるものが無く、

むしろ滞在していて、途中で哀しい気持ちになったので、

日が暮れて本格的に哀しくなる前に、お暇しました。

んで、鎌倉ミッションやっつけたー♪はーヤレヤレε-(´∀`*)と思っていたのですが、

鎌倉の自己主張は収まるどころか激しさを増して…?(;゚Д゚)ファッ

やっつけ仕事してんじゃねえよ的な?

何勝手にミッション扱いしてんの?何権限でそんな戯言ホザいてんの?みたいな?

うおおお訳が分からんー!(お前が訳わかんねぇよ@読者の声

to be continuedってやつだろうか…

うわーめんどくせ…ブフッ∵(´ε(○=(゚∀゚ )

次行くときはもうちょい下調べしよ…いつ行こうかなあ。

わたしは金沢と山口に行きたいのだ…

広告

仕事とわたし

15-33812年前のわたしへ。

(拝啓、ハタチのわたし。<アンジェラ・アキさんの「手紙」をBGMに。

学生気分を引きずる暇もなく、右も左もわからないことだらけな毎日。

反省ノートに出来なかったことを書き、

どうしたらできるようになるのか考えていたけれど、

そんなの全く追いつかないくらい出来ない事が山積みで、

出来ない自分を責めては凹み、叱られては凹みを、

繰り返している最中かもしれません。

先輩や上司の言葉をそっくりそのまま信じ、飲み込んで、

それが全てなのだと思い込み、

「仕事」よりも、「どうしたら彼らに認めてもらえるだろう」ということばかり気にしていませんか。

そんなときは、

よく、観察してみてください。

あなたに対して言っていることを、その人は出来ているのかを。

言葉と行動が一致している人が、どのくらいいるのかを。

よく、知っておいてください。

「新人」に対する態度と、「先輩」や「上司」、「(権)力のある人」に対する態度が違う人がいるということを。

根も葉もない話をバラまいて、陥れる人が居るという事を。

その話を面白おかしく嬉しそうに聴いている人が居るという事を。

あなたはとても頑固だから、

同じ色には染まらないので安心してください。

染まらないでいることで、

一人になることがさらに増えるかもしれません。

人間関係でいつも躓くのは、

全て自分に問題があるのだと、思い悩むかもしれません。

けれど、そんな中でも一人や二人はいるのです。

人格の否定をすることなく、「あなた自身」を見てくれる人が。

見たうえで、きちんと叱り、褒め、そっとサポートしてくれる人が。

そういう人からの言葉は、

あなたの心を決してえぐりません。

沁み込んでいくよ。

今はまだ気が付かないかもしれません。

ですが、あなたはとても幸運だから、

そんな希少な人と必ず、どこへ行っても出会えます。

物凄く少ないけれど、そういう人が「居る」という事を覚えておいて下さい。

出会うためにも、気が付くためにも、

決して自分自身に手を抜かないでください。粗末にしないで下さい。

それでもどうしようもなく凹んだり、

悔しい思いをしたり、傷つくこともあると思います。

それは、今このブログを書いている、

あなたよりも12歳年を重ねたわたしも同じです。

 

思う存分凹んで、飽きるまで凹んで、凹み切って、凹み終えたら、

そのうちお腹が空いてくると思うので、

それがあなたの回復のサインです。

大丈夫。

あなたはどんなことがあっても、

お腹が空くくらいの生命力を持っています。

図太い神経を持っています。

落ち着いたら、あなたの大好きな作品を思い出してみてください。

「くっだらなぁい バッカみたい

あたしの血筋も財産も 何一つ あたしは培っちゃいないのにさ

連中が見てんのは そーゆー所

「あたし」じゃないんだ

だから奴らの言う事に傷ついたりしちゃダメだよ

わかる?あんたじゃないの

お嬢についた傷なんて 一コもないの」

著:高尾 滋「ディアマイン」より

新年度を迎え、不安そうな、緊張した面持ちの若い方たち見て、

かつての自分が浮かんだので、

わたしも過去の自分に充ててブログを書いてみました。

そして、一言。

若い方を指導する立場の人間に向けて言いたい。

彼らの「素直さ」を「ひたむきさ」を、

テメェ勝手な都合で利用するな。振り回すな。

指導する側や、立場の強い側ほど謙虚であれ。誠実であれ。

まさかとわたし

15-337.png一番予期せぬ事態に。

(一過性だと信じたい。

ひっくり返っても、これだけはまずねぇだろと思ってたんですけど。

ていうか、意識にすら登らない、アウトオブ眼中(死語)だったんですがどーするよこれ。

…本人が一番混乱している最中でして、

いまのところ認めたくない(笑)というか、直視できていない状態なので、

そのうち落ち着いたら&書く気になったら描こうと思いますが、

ほんっとに、突然だなオイ。

と、文句だけ言いたかったので、言っときます。

今朝は昔飼ってたゴールデンハムスターのクッキー(♀・かなり狂暴)が出てきて、

この子が、寝てるオカンを優しく起こすっていうなまじリアルな夢をみたりしたんだけど、

なんか関係あるかな(ねぇよ

はー参った。

どう着地すんだろうなあ。

ごまかして無かったことにしたらエライしっぺ返しきそうだ(笑)

大事にしていることとわたし

15-334どちらも大切。

(思うことをつらつらと。

ああ、素敵だな、と思う人に出会う時、

いつも頭をよぎるのは、

世界がとてつもなくキラキラ輝いて見える盲目期と、

次第にお互いのアラや素が見えて、我に返る目覚め期(笑)のことだ。

…最終的にはどうにもこうにも我慢ならなくなって、

思い切り距離を置きたくなり、

終わりを迎えるのがわたしのパターンなのだけれど、

これをまた一からやる…?と思うと、なんだか億劫で。

そんな話をしたところ、

「それ、かなり重症だから!!そういうもんじゃないから!!!」

と、全力でツッコまれました。(ありがとう。笑)

目覚めてからがようやくスタートなのに、

スタートラインに立ってすぐに去ってばかりいるので、経験が乏しいのだろうな。

その先を、見てみたいとは思う。

沼ちゃん:「自分の隙間を埋めるために 誰かが必要なのではなくて、

自分で満ち足りていても 惹かれる人ができた時に

その人と生きたいと思うのかと…」

 

要さん:「沼ちゃんはまだ若いし、わたしとは立場が違うものね」

プリンセスメゾン5巻より

この話を読んだとき、沼ちゃんの言葉に頷く以上に、

要さんの言うことがすんなり入ってきたのは、

わたしがある程度年齢を重ねてきたからなのか、

それとも、理屈ではない何かを感じるようになったからなのか。(その両方かも。

あとなんだっけ、なにかの番組で樹木希林さんがおっしゃっていた、

「結婚って、分別がついてからじゃできない」

っていう言葉もね、なるほどなーと。(笑)

お付き合いが続いている数少ない人の顔を思い浮かべると、

ここは嫌だな、と思う部分が同じだったり、

たとえ同じじゃなかったとしても、

それを知って、知ったその後は、決して土足で踏み込んでこない人だ。

生活を共にするとなると、また違ってくるのかもしれないけど。

お手本になる人なんてどこにもいないのだから、

誰かの真似をするのも全く意味のないこと。(そりゃそーだ。

…夜に中島みゆきさんの歌を聴いていると、

かなり湧き上がってくるものがありますね(笑)

言葉にすることとわたし

15-331力加減と良い塩梅。

(歩調を合わせるということ。

「誰の目から見ても、筋の通った正しさであったとしても、

それを貫くことが良いわけでは無い。」

”逃げ場が無くなる。”

6、7年前にも指摘されたこと。

こういう部分が自分にとてもよく似た人に出会った時、

ああ、そうか、息苦しいのか。こういうことなのだろうな、と納得。

仕事をする上で、とても憧れていたし、

わたしは好きだったのだけれど、

もうすこしプライベートに寄ってみたらどうだろう?

そう考えると、思い切り距離を置くだろうなあと。

そういう、息苦しさだ。

結局、「その人自身」ではなく、

わたしが好きだったのは、その人の「仕事に対する姿勢」だけだったのかもしれない。

”正論は、優しくない。”

わたしもそう思う。

でも正論は好きか?と聞かれると、

どうもわたしはそうではないようで。

ここにジレンマがあるのだろうなあ。

言葉は生ものだ。

どうしたら真意が柔らかく相手に伝わるんだろう?と、

考えながら言葉にする日々なのだけど、

その場で言葉にするのが本当に苦手。

どうしても時間がかかってしまうのは今も相変わらずです。

そして思い切り体力を消耗するので、

喋るのが億劫になることも多々あります。(秘儀・わたしは貝になる。が、よく発動される(笑)

それでも、あきらめずに取り組むけれど。

世界は色んな人で成り立っていて、

周囲の空気やタイミング、性格や能力etcも本当に様々。

わたしも、歩調を合わせてもらっている。

衝撃とわたし

15-325ハッとした。

(金ダライどころか、拳銃で頭をそっとぶち抜かれるような感じ。(どんなだ

…じぶんの中でまだまとまってないのですが、立ち返るようなことがありました。

通りで心理学や他にもいろいろ再学しようと思うわけだわ…納得。

座学がしたいわけではなく、実践がしたい。

日常的に、どんな場に居てもできることなので、もっと意識をして取り組むことだ。

ちょっと確認したいことがあって、いま図書館戦争を再読中なのですが、

この作品に出合ったのが、ちょうど主人公とおなじ22の時か。

わたしはアニメから原作に入った人なのですが、

あれからもう10年!?(*_*;

あの当時とは解釈変わってますねやっぱ。φ(..)

(笠原と堂上の2人が、身悶え抜きにしても(笑)、

人として大好きなのは相変わらずです。揺るぎない不動の一位だ。

主に手塚と小牧にフォーカスして読んでいます。

が、笠原にも意識が向くのは、

この主人公の「願望達成率の高さ」っていう点が大きいだろうな(笑)

ものすごく参考になります。

にしても、初めてインターネットに出会った18歳から、

ずーっと続けてきたHPやブログ。

場所は変われど、なんで続けてきたのかよくわかりました。わたしの相棒だ。

叶えることとわたし

15-319もりもり叶える。

(いろんなこと後回しにしてでも自分の欲求最優先で!

「やらねばならないこと、やるべきこと」ばかり優先していくと、

また後回しかよ、また約束破るのかよって、

わたしの場合、どんどん自分が死んでいきます。←日常生活が機械的になり始めたら、死の始まりサイン(笑)

ちょっとでも、こっちの用事を先に済ませてから…なんて考えようもんなら、

わたしの中で大ブーイング&激おこ状態になるよ。

今までは諦めて何も言ってこなかったから、

ブーイングが言えるようになったかーって我ながら思う。

まるで二重人格みたいな感じですけどね。(笑)

そうそう、ひっさしぶりに、エゴグラム診断(興味ある人はググってください)してみましたけど、

最初に受けた時とだいぶ変わってました。

クッソ低かったFCが上がってたよ嬉しい\(^o^)/

こうやって、欲求を満たす計画を立ててるだけでも喜んでるのがわかるので、

それこそ「ちゃんと」叶えてあげたいなあと思います。