パンダとわたし

1IMG_0001癒されまくってます。

(…あまりの可愛さに負け…抽選に応募…しました……

子どものころから水族館や動物園には縁が無い(興味が無い)わたしですが、

パンダは…パンダは見たい…。

まさに客寄せパンダにやられました。

人混み大の苦手なので、大丈夫だろうかという若干の不安はあるけれど。(平日、所用で上野に行った時も、あまりの人の多さに具合悪くなったw)

夢に産ちゃん(自分の産土神社)が出てきた今朝。

実家に寄る際には、月一ペースでご挨拶しに行っていたのだけど、

そういえば今月はまだ行ってなかったなあと。

そんなことを思っていたら、

「どうか困難に負けないように。この先もずっと幸せでありますように」と、

とある人から、わたしを想う声が届きまして。

朝っぱらから目頭熱くなったわたしです。

こうやって、要所要所でいろんな人に声をかけてもらえる幸せよ。

そして、ありがたいな、と思うと同時に、

別れを思うとやっぱりさみしくなるのは、どうしたって込み上げてくる感情だ。

そういえば、この記事→さみしさとわたし

わたしのブログの中で反響があった記事の一つなのですが、

孤独を感じるとき、それはおそらく、自分の事しか見えていない時なのだと思う。

そういう時もあるのだろうし、

感じないようにすることはできないのだから、

そうする必要も無いとわたしは思います。

ただ、自分の感情が落ち着いたときに、

誰か(人に限らず)が自分を想っているのだと、

それは事実として「ある」のだと、これだけは思い出すようにしています。

自分の中で勝手に無かったことにしないこと。

にしてもパンダ…抽選に当たるといいなあ。(*´∀`*)

広告