正反対とわたし

15-293-1

15-293-3

15-293-4

15-293-2

足して2で割りたい。

(まったくもって弟の言う通りなんだけど、なんだろうこの納得いかない感。まがお

言うほどきっちりはしてないんだけど、(いや、ホントに。そこ大雑把かよ!むしろそこに神経使えよ!!なところもたくさんあります。(´_ゝ`)

弟からしたらまだまだ規範通りの、誰かの理想や思惑をそっくりそのまま背負っているようで、窮屈に見えるんだろうなあ。

どこに神経質な面が出るかは人それぞれで、

わたしはわかりやすい部類に入ると思うんだけど、

わかりにくい人も山のように居るのでね。(そこまで心配はしてないけど、弟もわかりにくいタイプ。

ポンコツがデフォルトになるように絶賛改革中なんで、

あと何年かかるかわかんないけど、

「だらしねぇな!きちんとしろよ!」と、弟から説教される日はやって来ると思いますww

弟とは年が3つ離れているのですが、

小学校時代なんかは、

見た目も性格もまったく似ていないので、

事あるごとに同級生や先生から、ホントに姉弟?!と驚かれることが多かったです。

正反対というか、足して二で割ればちょうどいいと言われる一例がコレ↓

財布を盗られる

に対し、

財布供養をする姉(´_ゝ`)

オカンが弟を説教する際に、

ちったあ見習え!と、わたしの財布供養の話を出したらしいんだけど、

この話が弟の胸に突き刺さったんじゃなく、

ツボに突き刺さったらしくてですね。(反省とは。

爆笑したまま実家を去っていったらしいですよ。

…さしずめ、『期待を裏切らない姉のきっちり感』に爆笑!ってところでしょうか。

(私信:オイ貴様バカにしてんだろわかってんだぞ(´_ゝ`)

オカンは一体何が面白いのかわからない(゚д゚)ポカーンと言ってましたが。(天然か!!!どいつもこいつも!!!www

そんな感じです。~強制終了~

 

広告