結婚観とわたし

15-268従姉妹と意見が一致。

(わが道を行く2人。

結婚式に出席すると、大抵参加させられるブーケキャッチ。

ネタになるし盛り上がるので、楽しんで参加はするものの、

花嫁になりたいかどうかは、相変わらず「?」状態。

先日のじいちゃんの葬儀に、

従姉妹のMちゃんも来ていたので、

伯母たちを交えて結婚や出産についていろいろ話してましたけど、

伯母たちと根本的に違うところは、

わたしもMちゃんも、

子どもが欲しいとは思っていない

ところ。

ウチのオカンもですが、伯母たちもみんな自然と、

なんなら呼吸するのと同じ感覚で、

「自分が子どもを産み育てる」イメージが当たり前のようにあったみたいで。

「それって刷り込み抜きにしても?」

って聞いてみたけど、

刷り込みもなにも、単に子どもが可愛い!産みたい!それだけ!って感じだったので(わかってたけど笑)、

そういう風に自然に思えるって凄いなあと。

結婚もそう。

「家庭を作るのに向いているよ」って言われるけれど、

いろんなことを考えると、

ハイそうですか!なんて簡単には動けないんだよなあ。

(とかいいつつ、いきなり覆す場合があるからなわたしは笑)

家庭を作るというのは、煩わしいことばかりじゃなく、

むしろ楽しいことの方が多いのだろうなあ、と、

両親が築き上げてきたものを見ていると、確かにそう感じる。

実際恩恵もたくさん受けてきたので、家庭の良さはわかるのだけど、

こればかりは両親とわたしとではまた違うのでね。

結婚や出産で得られることもたくさんあると思う。

まあ、人それぞれにペースがあるし、

少なくともわたしもMちゃんも、

そういう年齢だから、とか、けじめだから、とか、

誰かの物差しや基準で、自分の大切な人生の選択をするつもりはさらさらないので、

したくなったらするんだろうし、したくなければしないのでしょう。

リスクだなんだとあれこれ話してたら、

「えーいめんどくさい!頭でっかちなのよあんたらは!」

と、最後はバッサリ斬られて終わりましたとさ(笑)

広告