追いつかないわたし

15-397-1何度目だ。

(手が吊ってる。

読観たい欲求に比例して、描きたい欲求もまた、山のように。

語りたい事いっぱいあるんだよなー。

ひとつひとつ消化してくしかないんだけど、

ガッ!と勢いついてる時じゃないと描けないまま失速してくことも多々あるので、

なかなかに塩梅が難しいです…。(*_*;

先日、藤田さんのフリーライブに行ってきました\(^o^)/(わたしもバッチリ写真に写ってますワッハッハ

 

藤田さんの事はついこの間知った、にわかファンです。(^^)

手ぇ吊りながら作業用BGMを流していたら、

たまたま藤田さんの素敵ソング(「高鳴る」がすっごい好き!!)に出会って、

そこから坂道を転がるようにゴロゴロと。

このタイミングでフリーライブの情報が飛び込んできたので、

わたしってば持ってるー!!!とスキップしながら会場に向かいました。

 

やっぱ生歌最高…。

リハの段階で全身鳥肌もんでしたけど、本番はもっとでした…。(*´Д`)ハァァ…

カバーアルバムの選曲も、わかるわかるーー!!な同世代感(笑)

 

唄は特に、浄化作用が強く働くと思っているのですが、

ライブ終了後は温泉に入った後みたいな心地よさで、

このまま気持ちよく布団に入ってひと眠りしたい…と思いながら自宅に帰りました。

今度はフリーじゃないライブに行きたい。

チケット取れると良いなあ。

広告

抑えきれないわたし

15-394どこでもいいから全力ダッシュしたい。

(※いつもの発作です。

ロックとアニソン聴いてでんぐり返しするほどには回復しました。(今までも十分うるせぇ元気あり過ぎだわよ

先月はバッカーノ!(全13話)⇒先週はサムライチャンプルー(全26話)⇒

そんで今週はBLOOD+(全50話)をぶっ通し視聴し、

HPは瀕死寸前、MPはMAXフル充電なわたしです。

(…観返し予定のキルラキルとスタードライバーも長いと思ってたけど、

それでも24、5話だったんだね…ひゃーBLOOD+そりゃあ観応えあるわ。)

 

ほんっと肉体疲労パネェです…さすがに堪える…。けどめっちゃ幸せ…(*´▽`*)

身体がバッキバキなので、急きょマッサージを受けに行ってきましたが、

施術してくれたお姉さんから同情されるほどにゴリゴリでした。

あまりにも酷いので、どんなことをしてたか軽く聞かれたけど、

「アニメをぶっ通しで観てたんです」なんて口が裂けても言えやしねぇわよ…(´_ゝ`)

毎年夏になると元ちとせさんの「語り継ぐこと」を聴きたくなり、

その繋がりでBLOOD+を観ていました。

…主題歌とかサントラ聴いてると、それに引っ張られて作品が観たくなるんだよなあ。

 

ここでも戦争。継ぐもの、繋がり。

特にベトナム戦争。

BANANAFISHも、ベトナム戦争が大きく絡んだテーマらしいし、

もっぺん歴史の勉強しなおしだ。どの立ち位置で掘り返そうかなあ…。

とりあえず、元さんの曲が使われたEDは殿堂入りなんですが、

第3クールOPがドストライクでアカーーン!ゴロンゴロンゴロン

PSYCHO-PASSの監督の演出だったんですね!ブオオオオそら滾るわけだ!カッコ良すぎか!!(もちろん観返した

放送当時は怖いのとよくわからないのとで、途中リタイアしたんですが、

自分にとって必要な作品は、どこかの時点で必ず観ることになるのだなあと。

いま、観ることが出来て良かったです。(キャラ語りもしたいけど!!やめとく!笑)

観返したい作品たくさん。次はどれにしよう。

リラックスタイムとわたし

15-392今日はオレンジの入浴剤でさっぱりと。

(暑い季節は泡がしゅわしゅわ出るタイプの入浴剤が好き。

夏場でもしっかり湯船に浸かります。

帰宅後すぐにお風呂へ直行し、軽く極楽浄土感を味わっています。

ありとあらゆるものがキレイさっぱり流れるのが良い。

この時期はすぐのぼせてしまうので、あまり長い事入っていられませんが、

シャワーだけで済ませるのと湯船に浸かるのとでは、

疲れの取れ具合が違うなあと。

あと、プカプカ浮いてる時のあの感じ。とても安心します。

とうとう8月に突入しちゃいました。

今年もあと4か月だって…シンジラレナイ

今月はもろもろメンテナンスをしつつ、ゴリゴリ攻めたいんだけどどうなるかなー。

(7月は計画の半分以下しか進まなかったので、巻き返したい;)

田舎に帰る前に、いつも通っている歯医者さんで定期健診&クリーニングをしておこうと思ったら、

今度は担当してくれていた歯科衛生士さんが退職されたとか…/(^o^)\ナンテコッタイ

なので、歯医者さんも変えることになりそうです。入れ替えと変革の嵐じゃー

さて。今夜の添い寝本は乙嫁語り!

この作品に出てくる夫婦のあり方がすごく好き。(*´▽`*)

情報量がとても多いので、ゆっくりじっくり読み進めています。

細部まで描き込まれた絵の圧倒的美しさよ…はー……しあわせすぎる。

おやすみBGMは藤田麻衣子さんのお唄。浄化される…(*´Д`)ハァ…

こちらもまた声がとても美しいのです。

…ライブも行きたい。モダモダ

そしてまた増えてゆくわたしのやりたい事リストであった(笑)

規則正しさとわたし

15-391寝落ちる確率ほぼ100%。

(プログラムを最後までこなせない。

漢方とおかゆ生活、続いています。

ここんとこ、どうもご飯(お米)が重た過ぎるので、

夕食で食べていたごはんをおかゆに変えています。

ただ、朝も夜もおかゆにするのは飽きるし嫌なので、

朝のおかゆはやめにして、

朝食はホット甘酒や、気分によってはパンを食べています。

ご飯をしっかり食べるのはお昼のみ。

先日、毎月1回の体調チェックと漢方薬の処方をしてもらいに行ってきたのですが、

カウンセリングの最中、

先生たちが目をキラッキラさせて笑うんですね。

いったい何事かと思ったら、

「子午流注」のお話をされまして、

わたしの毎日の生活リズムが、あまりにもこの通りだったらしく、

素晴らしい!やっぱり理にかなっている!と興奮されました(いやー照れちゃうなあ笑)

この子午流注ってのは、1日24時間を十二支に当てはめて、

臓腑気血の運行リズムを表したものなんだそう。

プリントも頂きましたが、読めば読むほど面白い。

ちなみに、わたしはもともとの体質が気虚タイプらしいんだけど、

体力をつけようとして一所懸命運動すると、

かえって気が不足するから注意してねと言われました。

…心当たりがあり過ぎるよね。ワッハッハ

あとは、よく笑い、よく遊びなさいとも言われたなあ。

規則正しさやルーティンって、

安定と安心につながるから単に好きなのですが、(そして性に合っている

自分で決めたギチギチなマイルールではなく、

カラダの仰せの通りに過ごすことが、結果として規則正しさにつながるので、

それで良いみたいです。

今夜は15年ぶりの火星大接近、そして土星・木星・金星も!

窓からすべてばっちり見えるので、眺めながら寝たいと思います。(^^♪

継ぐものとわたし

DSC_0006もろもろ繋がった。

(タイムリー。

事前情報はほぼ入れずに観ましたが、

自分の中でリンクすることがチラホラありました。

きょうだいは、互いに嫉妬し競い合うのが定めのように見えて、

しかし果たして、それらは真実なのだろうか。

未来のミライ公式HP/監督メッセージより。

真実ではない。と、わたしは思う。

昨日の記事とも重複するけれど、

嫉妬も、ましてや競争など、まるでピンとこない。

同性じゃないからなのか、はたまた歳の差が3つだからなのか、

それとも得意分野も性格もまるで真逆だからなのか、

弟自身が穏やかで、慕ってくれていたからなのか。(←これが一番おっきいと思う。

 

モノの取り合いも、はて?そんなことあったかしら?ってな感じ。

弟サイドの意見はまた違うかもしれませんが。(どうよ?笑

作品事体は、消化不良だったというのが正直な感想。

あと、監督は自分の子ども(※産み出した作品も含む)が大好きなんだろうなあって感じました(^^)

他にも、この作品を観て自分はどう感じ、何を思ったか…はあるのですが、

それよりも、わたしはなぜ今回秋田以上に山形に行きたいのか、

ハッキリしたことが大きな収穫でした。

 

戦争とじいちゃん、だ。

 

父方も母方も祖父はもうこの世にはいないけれど、

共通しているのは、ふたりとも戦争を経験し、そのふたりともが”生きて”くれたこと。

タイミングがちょっとでもズレたり、どんな人が欠けても成立しなかったわたしという存在。

継ぐもの。

短い帰省でどこまで確かめてこれるかはわかりませんが、

がっつりアンテナ感度をバリ三にして臨もうと思います。

お子の力とわたし

15-390.png子どもたちの感性が大好きだ。

(底知れぬパワー

ついったでこのラジオ番組を紹介してくれた方の文章がとても素敵で、

紹介文読んでる時点で鼻がツーンとなっていたわたしです。

聞き逃し放送があるとのことだったので、

さっそくラジオの追っかけ再生をしたらば。

嗚咽レベルでした。

…ひょ、評判通り……てか自分の想像と認識の甘さに顔面往復ビンタ( ‘ ^‘c彡☆))Д´)パン パーン!!

お子たちのなんとも言えないかあいらしい声…言葉の選び方…。゚(゚´Д`゚)゚。

いったいどれだけの想像力なんだ。

彼らには、どんなふうに世界が見えているのだろう。

 

わたしにも確かに彼らと同様の時期があったわけで、

忘れずに大事に持ってきたつもりでも、

自分では気が付かないうちに、

いつの間にかこぼれて置いてきてしまったことがたくさんあるのだなあ。

最後の「さよなら」なんて、

もーーーみなさんおっしゃる通りハンパない…!!!。゚(゚´Д`゚)゚。

特に4歳前後のお子たちが発する言葉…。

は、反則だから…たまらなく胸を締め付ける…(´;ω;`)

回答してくれる先生たちの、子どもに対する同志感もすごく素敵ですし、

科学にまるで興味のないわたしでも、

思わず前のめりになって「へぇー!!」と好奇心をくすぐられています。

宇宙のお話が個人的には面白いなあと。

宇宙も昆虫も動植物も、可愛いとかカッコいいとかキレイうんぬんより、

恐怖心が勝るわたしなのですが、

この番組を聴いていると、別の視点を提供してもらえるので、

そういう見方だったらわたしにも出来そう、怖くないぞ、と、マネしています。(^^♪

お子様向け番組だと侮るなかれ。

大人でも…むしろ大人の方が楽しめる番組だなあと思いました。

で。

ここでいったん記事を〆ようかとおもったんですが、

お子がらみでもう一件。

先日、ついったでこの記事に出会ったので、しょっぱい話をつらつらと。

母親による男女差別。

わたしの身近にもまさにこういう人がチラホラ居て、

「母親ってのは、どうしたって娘よりも息子の方が可愛いのよ。」と断言するほどに

息子を溺愛している。

とある60代の女性は、

…40手前の息子をいまだに「●●ちゃん」って呼ぶぶっちゃけ気持ち悪いクソBBAだ。

耳が腐るからやめてくr…おっといけない。

そして案の定、その息子さんも、わたしより年上には全く見えない程に雰囲気が幼い。

 

娘や嫁に限らず、自分以外(特に若い世代)の女性蔑視があり、

女性たるものうんぬん!を振りかざす、わかりやすい人なのですが、

話を聞いていると、

娘さんも少なからず、母親に対して今までの分の愛情を取り戻すような行動や、

復讐に似た事をしている。

これが起きてしまう原因みたいなものと、

連鎖があるとしたら、その起源っていったいどこなんだろう。

 

わたしにもし、一男一女の子どもがいたとして、

男女差別、というか、息子に対してこんな感情を抱くだろうか?と考えた時、

気持ち悪すぎて途中で想像を止めました。

そもそも出来ないのだ。

想像が、出来ない。

ちょっと違うかもですが、

弟に対して「この筋肉がたまんない」だとか、いわば「男」として見るわけでしょう?

(たとえに出して悪いな弟よ。あんたはもちろんだろうけど、わたしも心底気持ち悪いので、こういうことは天地がひっくり返ってもまず無いから安心しろ。笑)

じゃあウチの母はどうだろう?と振り返ってみても、

親バカ(そしてただいま子離れ奮闘中である。ファイトーw)とは思えど、

男女差別を受けた覚えは一切ない。

これもいつか記事にしたいと思うのだけど、

弟が誕生したことによって、

独占できていた親の愛情が、今まで通りじゃなくなったぞ!?と、

長子の最初の試練(と絶望。笑)を経験したわたしですが、

それでもわたしは、弟に嫉妬をしたことはないのです。

からかったりケンカもそれなりにしてきたけれど、

居なくなればいいのに、だとか、意地悪をして困らせてやろうってのは無かったなあ。

彼が居てくれて本当に良かったと昔も今も思っているし、誇りであり希望だ。

(度が過ぎて、弟が結婚するときあまりの寂しさに大泣きし、母が泣くタイミングを失ったこともある。笑)

もし母から男女差別を受けていたら、こんな風には思えなかっただろうなと。

なんにでも言えることですが、

断ち切れる人とそうでない人の違いとかも個人的に気になるのです。

いろんな要素が絡み合う場合ももちろんあるだろうし、

本人が、単にそっちに舵を切らなかっただけ、と言ってしまえばそれまでなのですけども。

…これも子ども科学電話相談みたいな、爽やかな雰囲気で取り上げてくれないだろうか。(内容がすでに爽やかじゃねぇ笑)

子どもたちの楽しそうな声を聴くたびに、

大人が最初に引いてあげる最低限のレールを間違えてはいけない、と強く感じる。

ま。わたしに出来ることは、次世代のための税金を納めること。

自分の生活を整えつつ、仕事をするだけだ。

BANANAFISHとわたし

15-389ヒュッ…。

(滾り過ぎて言葉を失う。

原作はほっとんど未読なのですが、

アニメでこんだけ滾るんだから、

至高オブ至高な原作は一体どれだけのものなの…ガタガタ

ていうか少女漫画カテゴリーなの?ウソでしょ…最高かよ…。

この作品を楽しむにあたって、

読んでおきたい小説や文献も出てきたので、

台風で週末の予定がキャンセルになったことだし、

もりもり読みたいと思います。

これだからメディアミックスは歓迎なんだよーー♪

いろんなところに派生していって、自分では想像もつかないところへ行き着くもの。

ひとまず、アッシュと英ちゃんが天使だということをここに記しておきます。ハァアアアア…